サラリーマン大家!不動産投資の利回り成功法則
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

不動産投資を否定する立場の本も読む

ここで、大事なのは、不動産投資を推進・肯定する立場の本だけを読むので
はなく、
不動産投資を否定する立場の本も読むことである。

もちろん、不動産投資に否定的な本ばかり読んでいると、心配事が多くなり、
慎重になり過ぎて、結局は、行動に移せなくなってしまうという危惧もある。

しかし、賛否両論をきちんと知った上で結論を出した
方がいい。
決して安い買い物ではない。

あなたの人生を左右する大きな買い物なのだ。

最終的には、自分の判断で決めることである。

責任も自分にあるのだ。
自分の人生は、自分で決めて歩んで行くしかないのだ。

『住宅情報』はもってこいの参考書
私は、不動産投資に関する本を読みまくると同時に、毎週のように「週刊住
宅情報・首都圏版」(リクルート社)を買っては、不動産に関することを勉強し
ていった。

「週刊住宅情報」には、不動産購入に関するありとあらゆる情報が詰まってい
るといっても過言ではない。

例えば、坪単価がそれぞれ出ているので、物件の値段が高いか安いかを比較
検討
することができる。

ローンを組む場合の金利が借入先や期間別にそれぞれ出ているので、収支や
毎月の返済計画を自分なりにシュミレーションすることができる。

競売物件の最低価格を知ることもできる。

など、など・・・「週刊住宅情報」は、不動産について勉強するにはもってこい
の参考書となる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。