サラリーマン大家!不動産投資の利回り成功法則
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

あなたが家族で生活する不動産を買うなら

もし、あなたが家族で生活するなら、ファミリータイプの
アパート1棟かマンション1棟の購入をお薦めする。

基本的なことは、独身者の場合と同じである。

購入した物件の1部屋にあなたの家族が住むのだ。

他の部屋を賃貸に出すのである。

ファミリータイプの物件は、いくつかのケースが考えられる。

妻と2人だけの場合もある。
また、子どもがいる場合もある。

子どもがいる場合は、
その人数によっても異なってくる。

最近の新聞折り込み広告から、
いろいろなパターンを拾ってみると、
次のような物件があった。

・売りアパート(2K×4)
・売りアパート(2DK×6)
・売りアパート(1DK×2+2K×4)
・売りアパート(2DK+1R×6)
・売りアパート(2DK+1K×4)
・店舗付き住宅(4LDK+店舗)
・店舗付きアパート(4DK+店舗+1DK×4)
・アパート付き住宅(3K×4+4LDK)
・一括売りマンション(3DK×1+2DK×5)
・一括売りマンション(2DK×11+1K×1)
以下に、4つの例を紹介する。

簡単にポイントや収支の計算を紹介しているが、
あなたが物件を選ぶ場合は、
きちんと収支計算などを自分でシュミレーション
してみる必要がある。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。