サラリーマン大家!不動産投資の利回り成功法則
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

不動産投資する物件選びの10ポイントの解説

@ 家賃利回りは、10%以上(できるだけ高利回りがいい)
利回りが8%以上あれば、ローンを返済しても、家賃収入の方が多く、プラスの収入になる。
多少、空室になっても持ち出しなしの心配は、なくなるのだ。
10%を超える物件も結構あるので、安くて利回りのいい物件を手に入れるまでは、焦らずに待っていたほうがいい。
念じていれば、必ず手に入るはずである。


A 築年数は、10 年以内(できるだけ新しい方がいい)
できるだけ新しい方がいいのは、言うまでもない。
やはり、中古物件よりも新築の方が入居者もすぐ決まるはずである。
リフォーム代や修繕費も新しいほど少なくて済む。

B 駅からできれば徒歩10 分以内
周りの環境さえ良ければ、やはり駅から近い方が便利である。
特に、通勤や通学といった毎日のこととなるとなおさらである。

C 20平方メートル以上の広さ
ちょっと前までは、だいたい16平方メートル前後のワンルーム、というのが多かったが、やはり、生活が豊かになると、あまり狭いものは生活しづらく、人気がなくなってきている。
快適に生活するなら、やはり、ある程度の広さが必要である。

D トイレ・バスが分離
これは、自分でホテルなどに泊まった時に使用するとよくわかるが、なんとなく使いづらい。
バスに入る時、カーテンをするが、どうしても水がフロアにこぼれてしまう。
また、トイレを使う場合も、私は、何となく落ち着かない。
やはり、日本人の感覚には、少しなじまないような気がするのだが?
できれば、トイレとバスが分離していた方がいい。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。