サラリーマン大家!不動産投資の利回り成功法則
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

不動産投資する物件選びの10ポイントの解説

E 買い物が便利
やはり、近くにコンビニやスパーなどがあると便利である。
夜中などに、ふとほしくなった時に、気楽に行ける距離にあると理想である。

F 環境がいい(日当たり、風通し、眺望など)
人によって、快・不快の感じ方は異なるが、日当たり、風通し、眺望などはいいに越したことはない。
やはり、気持ちよく住めるということは、大事なことである。
自分がいいなと思える立地なら安心である。

G 大学などが近くにある
入居率の安定ということが、アパート経営には、大切なポイントとなる。
ワンルームの場合、大学などが近くにあると入居率の安定につながる場合が多い。
なぜなら、大学の場合、一度入居が決まると、たいがい4年連続して入居してくれるからである。
独身者が多くいる会社などが近くにあるということも望ましいことである。
近くに工業団地があると望ましい。

H 外装がしゃれている
やはり、見た目のよさということは、すごく大切である。
人間の場合も、第一印象というのが、後々影響があるように、入居を決める場合の最初は、外装の第一印象であろう。
特に女性にとっては、外装がしゃれているということが、かなりのウェイトを占めることになる。
今は、タイルレンガ貼りやカラーボード、サイディングなど、見た目のおしゃれな物件も多々あるので、できるだけ外装がしゃれている物件を選んだ方がいい。

I 設備がしっかりしている(キッチン、エアコン、ロフトなど)
やはり、エアコンがあった方が入居は決まりやすくなる。
特に、女性は、キッチンがある程度の大きさがあること、火力の強いガスコンロがあること、など、キッチンが一つの入居基準になっているようである。
ロフトも付いていれば、寝室や物置として使えるから便利である。
その他、収納ベットや冷蔵庫、BS アンテナなど、いろいろな付帯設備の付いた物件もある。
やはり、無いよりはあった方がいい。
物件を購入した後から、それらの物を備え付けるというのも、結構、お金がかかる。
物件を選ぶ際に、一応はチェックしておくといいだろう。

以上、10の物件選びのポイントについて書いてきたが、
一番大事なポイントは、ここだったら自分が住んでもいいな!

と、思えるかどうかである。

貸すからには、貸すにふさわしい部屋を用意する
という視点で物件を選んだらいいだろう。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。