サラリーマン大家!不動産投資の利回り成功法則
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

収益型の不動産を持つことは、自分のため、世のため、人のため

みんなが幸せになる宇宙の法則
収益型の不動産を持つことは、
自分のため、世のため、人のため
になる。

宇宙の法則は、
共存共栄
である。

世の中に、無駄はない。すべてのものは、
お互いに支えあって生きている。

お互いが、メリットを得ているのだ。

本来、みんなが幸せになれるのだ。

これからは、宇宙の法則のように、
みんなが喜べる
というシステムが大事であるように思う。

これと同じシステムが、不動産投資にあてはまるのだ。

以下に、思いつくままに書いてみる。

まず、物件の売買時を考えてみる。

売り主は、物件を売ることで、
現金を得ることができる。

不動産屋さんは、物件を売ることで、
仲買手数料を得ることができる。

その他、物件の売買では、司法書士、銀行、
保険会社、(火災、生命など)な
どが、事務手数料を得ることができる。

次に、物件の所有時を考えてみる。

まず、ローンを組むことで、銀行やノンバンクは、
長期に渡って、毎月収入
を得ることができる。

市町村は、毎年、物件に応じた税収を得ることができる。

不動産屋さんは、管理料や入居時や更新時には、
礼金を得ることができる。

入居者は、多少家賃を安めに設定してあるので、
多少得した気分になれる。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。