サラリーマン大家!不動産投資の利回り成功法則
<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

収益型の不動産を所有して、儲ける理由

自分が住む気持ちでリフォームする

貸すからには、それにふさわしい部屋を用意した方がいい。

こまめにリフォームしているので、リフォーム業者も、
また、収入を得ることができる。

このように、収益型の不動産を持つということで、
これだけ多くの人に関わりを持つことになるのだ。

結果として、社会にも貢献していることになる。

しかも、多くの人に喜びを与えられるのである。

私も収入を得ることができ、一石二鳥どころか、
一石何鳥にもなるのだ。

儲けることは善。大いに儲けよ!

私の友人が言った言葉である。

儲かるということは、それだけ、必要としている人がいて、
それに応えることになるのだから、大きな社会貢献になるのだ。

収益型の不動産を所有して、儲けることは、
自分のためはもちろん、世のため、
人のためになるのである。

強烈な思いがあれば願いはかなう
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。