<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

不動産投資する物件選びの10ポイントの解説

@ 家賃利回りは、10%以上(できるだけ高利回りがいい)
利回りが8%以上あれば、ローンを返済しても、家賃収入の方が多く、プラスの収入になる。
多少、空室になっても持ち出しなしの心配は、なくなるのだ。
10%を超える物件も結構あるので、安くて利回りのいい物件を手に入れるまでは、焦らずに待っていたほうがいい。
念じていれば、必ず手に入るはずである。


A 築年数は、10 年以内(できるだけ新しい方がいい)
できるだけ新しい方がいいのは、言うまでもない。
やはり、中古物件よりも新築の方が入居者もすぐ決まるはずである。
リフォーム代や修繕費も新しいほど少なくて済む。

続きを読む

物件選びの10のポイント

できれば、20代からスタートできると理想である。
40代になってからでも、理想とする自宅を持つことは、可能である。

物件選びの10のポイント
物件選びのポイントは、たくさんあるが、次の10 点である。
@ 家賃利回りは、10%以上(できるだけ高利回りがいい)
A 築年数は、10 年以内(できるだけ新しい方がいい)
B 駅からできれば徒歩10 分以内
C 20平方メートル以上の広さ
D トイレ・バスが分離
E 買い物が便利
F 環境がいい(日当たり、風通し、眺望など)
G 大学などが近くにある
H 外装がしゃれている
I 設備がしっかりしている(キッチン、エアコン、ロフトなど)

団体生命保険に加入する

ローンを銀行やノンバンクで組む場合は、たいていは、
団体生命保険に加入することになる。

万が一、ローンを組んだ本人が死亡した場合、
ローンは、全額、生命保険で補填され、
返済の必要がなくなるのだ。

残された家族は、ローン返済がなくなり、
毎月、家賃収入だけを得ることが
できるのだ。

例えば、私が1億円のローンを組んでいれば、
死んだ時点で1億円のローンはなくなる。

1億円の生命保険に入っているのと
同じことになるのだ。

ローンを組んで収益型不動産を手に入れれば、
家賃収入と生命保険という2つのメリットが得ら
れるのだ。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。