<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

ワンルームマンションを買わない?

不動産投資では、まずはワンルームマンションから、という
のが定石であったように思われる。

しかし、アパートの方が土地付きで担保価値があり
ローンを組みやすい

てこの力(他人のお金)を利用できるからだ。

できるだけたくさん借入をして、
ローンを組むと考えるべきで、
より担保価値のあるアパート1棟やマンション1棟
という視点で物件を探すのである。

全ては、できるだけ、たくさん借入をするためである。

持ち出しをできるだけ少なくして、
「今」に余裕を持たせることをねらいとしているからだ。

続きを読む

ローンは、できるだけ長く返す

ここで、もし不動産を購入するために、
自己資金をかなり持ち出し、手持ち
のお金に余裕がなくなると、
行動もある程度制限されてくる。

何といっても、一番私が困ることは、
精神的な心のゆとりがなくなってしま
うことだ。

やはり、万が一のことを考えて、
余裕のお金が残るように、ローンは、組め
るだけ限度いっぱい組んで、
「今」に余裕を持たせた方がいいと考えている。

続きを読む

利回り感覚を身につける

物件を探すためには、利回り感覚を身につけなければならない。

利回りは、次の計算によって求めることができる。
年間家賃収入÷総投資額(物件価格、諸費用など)

この利回りが7%以上であれば、
総投資額を全額銀行で借り入れした場合で
も、持ち出しなしで、プラスの収入を得ることができる。

かつては、アパート経営で8%以上の利回りにできれば、
大成功と言われていたが、不動産価格が暴落している現在では、
10%以上の利回り物件を探すこともできる。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。