<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

不動産も分散投資

利回りと入居が安定していれば、特に場所にはこだわらない。

逆に一か所だけ特定の場所にこだわってしまうと、
大地震の時など壊滅状態になってしまう恐れがある。

株でリスクを避けるために分散投資するように、
不動産も国内のいろいろな
場所に分散投資するということも考えられるであろう。
不動産を買うときには、
値引きをお願いしてみよう!

続きを読む

自己資金をいくらまでなら出せるか

私の場合は、たいてい次のように電話をかける。

「すみません。新聞の折り込み広告を見たのですが、○○の物件について伺い
たいのですが、図面をファックスで送っていただけないでしょうか?」

(家に電話切り替えのファクシミリがあるとすごく便利である。)

そして、自分の氏名、電話番号(ファックス番号)、住所を告げる。

しばらくすると、図面が送られてくるので、その図面を見ながら、利回りや
空室状況など、自分が聞きたいことを質問するといい。

続きを読む

「週刊住宅情報」で不動産に親しむ

中でも役に立つのが、事業用不動産
というコーナーである。

オーナーチェンジのマンションやアパート、収益ビル、店舗などが載っている。

そこには、最寄の駅名、徒歩何分、所在地、価格、土地面積、建物延べ面積、
築年数、総戸数、法令上の制限、用途、種別、特記事項、引き渡し日、取り引
き形態、問い合わせ先、などが書かれている。

特記事項には、さらに、間取りや、家賃収入、年間利回りなどが書かれてい
るので便利である。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。