<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

収益型の不動産を所有して、儲ける理由

自分が住む気持ちでリフォームする

貸すからには、それにふさわしい部屋を用意した方がいい。

こまめにリフォームしているので、リフォーム業者も、
また、収入を得ることができる。

このように、収益型の不動産を持つということで、
これだけ多くの人に関わりを持つことになるのだ。

結果として、社会にも貢献していることになる。

しかも、多くの人に喜びを与えられるのである。

私も収入を得ることができ、一石二鳥どころか、
一石何鳥にもなるのだ。

儲けることは善。大いに儲けよ!

私の友人が言った言葉である。

儲かるということは、それだけ、必要としている人がいて、
それに応えることになるのだから、大きな社会貢献になるのだ。

収益型の不動産を所有して、儲けることは、
自分のためはもちろん、世のため、
人のためになるのである。

強烈な思いがあれば願いはかなう

収益型の不動産を持つことは、自分のため、世のため、人のため

みんなが幸せになる宇宙の法則
収益型の不動産を持つことは、
自分のため、世のため、人のため
になる。

宇宙の法則は、
共存共栄
である。

世の中に、無駄はない。すべてのものは、
お互いに支えあって生きている。

お互いが、メリットを得ているのだ。

本来、みんなが幸せになれるのだ。

これからは、宇宙の法則のように、
みんなが喜べる
というシステムが大事であるように思う。

これと同じシステムが、不動産投資にあてはまるのだ。

以下に、思いつくままに書いてみる。

まず、物件の売買時を考えてみる。

売り主は、物件を売ることで、
現金を得ることができる。

続きを読む

必ず収益型の不動産を獲得するための5つのポイント

ここで、収益型の不動産を獲得するためのポイントをまとめておく。

他の章と合わせて読んでもらうと幸いである。

ポイントは、次の5点である。
@ 必ず収益型の不動産を獲得するという決意をする
A 頭金を貯める
B 収益型の不動産に関するあらゆる情報を集め勉強する
C 信頼できる不動産屋さんと知り合いになる
D 自分はできるんだ!と確信を持ち、実現できたことをイメージする

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。