<% content.header -%>

スポンサードリンク

<% content.footer -%>

「不動産投資」に関する本を読みまくった

願いは具体的なほどよい

願いを生き生きと思い描き、強烈な思いがあれば、
願いはかなうのである。

成功哲学の本書いてあることが、
自分の体験を通してわかってきた。

将来は、お金の心配をせずに、自分のやりたいことを
とことんやっていきたいと考えている。

自分の未来は、今何をしているかで決まる!

と、考えることができる。

私の場合は、前述した5つの夢、という目標、
ビジョンを描いているので、
それぞれ実現させるために、今できることを
行動に移せばいいのである。

日々、無駄をせず、コツコツとお金を貯めることも、
未来に向けての行動である。

しかし、「お金を貯めること」、
このこと一つとっても、学ぶに値する大テーマである。

続きを読む

不動産投資を否定する立場の本も読む

ここで、大事なのは、不動産投資を推進・肯定する立場の本だけを読むので
はなく、
不動産投資を否定する立場の本も読むことである。

もちろん、不動産投資に否定的な本ばかり読んでいると、心配事が多くなり、
慎重になり過ぎて、結局は、行動に移せなくなってしまうという危惧もある。

しかし、賛否両論をきちんと知った上で結論を出した
方がいい。
決して安い買い物ではない。

あなたの人生を左右する大きな買い物なのだ。

続きを読む

不動産投資に関する本を読みまくる

私は、本から不動産投資というおもしろい世界があることを知った。
次から次へと、不動産投資に関する本を買っては読んでいった。

次に紹介する本が、私が収益型不動産を手に入れるのに役立った
本である。

何回も読み返した本もある。
中には発行年がかなり古い本もある。

それらの本は、古本屋にいくと安価で手に入れることもできるであろう。
いずれにしても、本に書いてあることを鵜呑みにするだけでなく、自分な
りに勉強していくことが大切である。

続きを読む
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。